【男性不妊について】その2

お問い合わせはこちら

ブログ

【男性不妊について】その2

2019/11/12

【男性不妊について】その2

【男性不妊について】その2

みなさんこんにちは。

 

院長の韓です(^^♪

 

 

さて、男性不妊

 

男性不妊といっても原因は様々

 

 

前回お話しした、こちらの内容

造精機能障害は82.4%

精子がたくさん作れていないケース

 

 

精路通過障害は3.9%

精子が通れず、出てこれないケース

 

 

性機能障害は13.5%

性行為ができないケース

 

 

精路通過障害以外の2つは、

一部を除いて

基本的にはご自身で改善が可能です。

 

 

まず、造精機能障害について

みてみましょう。

 

 

上の画像をみると

ご自身での改善が難しいものばかりが

書かれていますが、

 

 

どちらかというとまれなケースです

 

 

実は造精機能低下は一般的に

生活習慣が原因になっていることが

ほとんどと思っています。

 

 

精子の問題ですが

運動率や奇形率、量の問題

 

 

正常な精子を作るには

 

どうすればいいでしょうか?

年齢の問題も少なからずありますが、

 

実は卵子の質の改善より

回復は早いんです。

 

なぜ?

 

実は精子

 

わかりやすく言うと

血液から作られていると思ってください。

 

 

実際は

精原細胞⇒精母細胞⇒精細胞⇒精子

 

 

という過程を経ますが

卵子のように、

数が決まっているわけではありません。

 

 

作る機能が働けば、

それなりには精子は製造されるのです。

 

 

その過程で血液が

とても重要になります。

 

 

ということは、

血液の質を良くすれば

 

 

精子の質は

改善するという事になります。

 

もちろん全てではありませんので

誤解の無いように。

 

 

血液がきれいになるまでの期間、

 

たった3ヶ月頑張れば

あなたの精子の状態は

飛躍的に変わります。

 

もちろん個人差もありますし

それ以降も

続けないといけませんが(^^)

 

 

対して卵子は、

前述したように、

 

お母さんのおなかの中にいる胎児の時に

卵子の元を持っていて、

すでに卵子の数も決まっています。

 

なので卵子は、

 

あなたが産まれる前から、

今に至るまで

色んな影響を受けているので

 

それを解消するためには

それなりに時間を要するという事です。

 

 

精子は稀なケースを除いて

少しがんばれば、状態を

変えることができるのです。

 

 

次回はその内容を

細かくお話ししていきますね!

 

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^♪