お問い合わせはこちら

ブログ

歯の健康

2013/09/25

歯の健康

こんにちは。スタッフの内田です。

 

みなさんは毎日歯磨きをしているとは思いますが、

気を付けているのに歯が黄色くなって困っていませんか??

 

実はそれは、

普段の何気ない食べ物や習慣が

原因になっているかもしれませんよ(+o+)

今日は気をつけたい食べ物や予防策について紹介しますね(^^♪

 

まず、気を付けたい食べ物は主に

柑橘系、炭酸飲料、梅酒やワインなどの果実系のアルコール飲料などです。

これらに含まれる酸が歯のもっとも硬いエナメル質を溶かすので

歯が薄く黄色くなりやすいそうです。

 

また、コーヒーや紅茶、チョコレート、カレー、緑黄色野菜などは

歯に着色しやすい食べ物なので注意したいですね(>_<)

 

とはいっても、これらの食べ物や飲み物を摂取しないわけにもいかないですよね^^;

ここで、そうならない為の予防策を紹介しますね(^^♪

 

それは簡単な事です!!

食べた後30分以上時間をあけてから、もしくは一度口を水でゆすいでから歯を磨くようにする事です!!

そうすることで食べた直後は酸性の口の中も、

中性になるので歯が薄くなりにくくなりますよ(^^♪

 

これに気を付けた上で、しっかりバランス良く栄養を摂取して

健康な体と歯を手に入れましょう(^o^)/