大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

低体温症について その3

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

 

今日は晴天に恵まれましたが、

先日の日曜日は、ひどい雨でしたね。

異常気象で、雨の降り方が異常です。

 

地球も悲鳴をあげてるんではないでしょうか?

地球を治すことも考えていかないといけませんね。

 

みなさんも少しだけいいので、

考えてみてくださいね。

 

さて、またまた【低体温症】について

お話しますよ。

 

【低体温症】が
あらゆる病気や症状の始まりであることは
前回お話ししました。

1.運動
2.水を飲む
3.バランスの良い栄養
4.食べない事
5.冷暖房器具を過度に使わない
6.ストレスを減らす
これ難しいやん、、、

 

て思われた方も
少なくないと思います。

 

ちょっと極端に書きましたので、
一つずつ解説し、やり方をお伝えしますね。
1.運動


⇒これは【血流改善】でもお話しましたね。
ウォーキング30分以上 週に3回以上

(これは無理のない範囲で、自分の適切な

時間にや回数に合わせてくださいね。)

歩き方もだらだら歩いては意味がありません。
しっかりと姿勢を正して歩きましょう。

 

これは筋力を上げて、ポンプ作用を働かせ
血流を上げていきます。
そして、筋肉は基礎代謝量とも
関係しています。

 

基礎代謝が高いと言うことは、
体温も高くなると言うことです。

 

特に下半身と背筋は代謝量が大きいので
このあたりをしっかり運動させることが
重要です。

 

2.水を2ℓ飲む(体重によって量は変わります)


⇒何回言うねん!!てくらい言ってますよね。
【水の重要性】でお話しました。

 

水分ではなく、水ですよ!
水は速やかに体内に吸収されるんです。
水分が不足した血液はドロドロです。

 

必要な量を一気にではなく
チビチビしっかり摂る。

 

できれば白湯(さゆ)がベスト。
白湯が無理でも常温にしてください。

 

もちろん塩素除去した水ですよ。
トイレに行くこともお忘れなく!

 

目安は2ℓですが、体重によって
変えてくださいね。

 

3.バランスのいい栄養を摂る


⇒血液は沢山の栄養や酸素を
身体の末端まで運びます。

 

偏りがあると、うまく吸収できません。
1つの栄養ではなく、沢山の種類を
程よく摂りましょう。

 

血液の質を上げることにつながりますから。
特にミネラルです。
良質な塩は細胞にとって必要なミネラルです。
海水のみ、天日干しで作られた塩を摂るように
心がけましょう。

 

間違っても食卓塩などは
使わないように(‘Д’)

 

また、栄養の吸収には腸内細菌が

とても重要です。

発酵食品などを摂り、腸内環境を整えましょう。

 

4.食べないこと


⇒【ファスティング】でも
お話しましたよね。

でも栄養を摂れと言っておいて
食べるなって、どういうこと!?
と思われたかもしれません。

 

もちろん、全く食べない
ということではありませんよ。

 

今の日本文化は、どこでも手軽に
食べ物が手に入ります。
食べすぎなんですね。

 

コンビニやスーパーのお惣菜も
よく見ると、糖質と脂質ばかりです。
しかも添加物てんこ盛り。

 

物を食べると、消化吸収の為に
血液が胃腸に集まります。
そうなると、その他の部分に
血液が不足し、冷えになるんです。

 

暇をみては砂糖たっぷりの飲み物や、
炭水化物や油ものの弁当
砂糖まみれのおやつをついつい
口にしていませんか?

 

アイスももちろん。
そして砂糖は身体を冷やすんです。

 

上記はもちろん
必要な栄養素であっても
必要以上に食べない。
というのがポイントです。

 

なのでファスティングをするのも
一つの方法ですよ。

 

5.冷暖房器具を過度に使わない


⇒これも全く使わないというわけでは
ありません。
必要以上に使わないと言うことです。

 

例えばコタツ(今は夏ですが)
コタツで寝てしまい
朝起きるとだるい事ってありますよね。
人の身体は外部から50℃以上の
熱を与えると、生理的に身体
(内臓)を冷やすようになっています。

 

以前から言っている
【子宮だけを温めてはいけない】
というのもこの部分に当てはまります。

 

コタツで寝ると結構汗をかいていますよね。

 

継続的にその状態を作ると、
内臓はますます冷えてしまい、
だるさとなってでてきます。
なので風邪もひきやすいんです。

 

さらに電磁波まで浴び続けていますからね。
必要な時はもちろん大切ですが、
必要ない時は使わないようにしましょう。

 

冷たい空気は重く下に溜まりやすいです。
冷房をつけたままにすると
足元を冷やします。

 

温度を高めに設定しましょう。

 

6.ストレスを減らす


⇒現代社会ではつきものになっていますよね。
ストレスを感じると
自律神経の交感神経(興奮状態)
が優位に働きます。

 

そうなると、血管も収縮してしまうんですね。
ストレスが強いと、常にこの状態が
続いてしまいます。
もちろん私もストレスを抱えています。

 

自分にも言い聞かせていることなんですが
色んな悩みがあると思いますが、
悩んでも結果が変わるわけではありませんから、
できるだけ深く悩まず、
悩むなら解決するために行動してみよう
という気持ちになってみてください。
少しは変わってくると思いますよ。
以上6つの方法を実行して見てください。

 

しかも基本タダですから(^^)

 

やればプラス、やらなければ何も変わりません。
是非参考にしてくださいね!

 

【低体温症】については今日でおわりですが、

今日の内容は、低体温だけではなく

【体質改善】に繋がる、とても重要な内容になっています。

 

冷えていない方も、ぜひ実践してみましょう(^^)

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^♪

体調不良 体質改善 健康 妊活情報 慢性症状 美容について 頭痛2017年7月11日

低体温症について その2

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

 

今日は晴れましたね!

梅雨間の貴重な天気なので、

できるだけ外に出ましょうね!(^^)

 

今日は朝から、エアコンのクリーニングです。

先ほど終わり、すっきりしましたよ!

 

火曜日の振替で本日は15時から受付しておりますので

ご利用の方はご連絡くださいませ(^^)

 

さて、今日も【低体温症】についての

お話をしていきますね。

 

不妊症のほとんどの方が冷え性です。

 

冷え性の方は便秘症も多いんですね。

 

そして低体温になると、

糖尿病
不妊症
更年期障害
生理不順
PMS(月経前症候群)
腰痛
肥満
不眠
自律神経失調症
アトピー

など、、、
上げるときりがありませんが^^;

 

とにかく生活習慣病や、あらゆる
病気になりやすいんです。

 

ではこの低体温症、
どのように改善していくのか
その方法についてお話しますね。

 

熱を運ぶのは【血液】です。

 

血液の内容を良くする。
そして血流を良くする。

 

ということが大切になります。

 

血流といえば、
以前のメルマガで配信しましたよね。

 

そうなんです、【低体温症】は
だから病気などに直結してくるんです。

 

では、【低体温克服法】
について書いていきますよ。

 

1.運動
2.水を飲む
3.バランスのいい栄養を摂る
4.食べない
5.冷暖房器具を過度に使わない
6.ストレスを減らす

以上の6項目です。

 

簡単そうにみえて
これは無理やろ!
と思う項目もありますよね(^^)

 

でもこの項目低体温を克服する上で
非常に大切なんです。

 

次回の配信は、
この項目をどのようにするか、
詳しく解説していきますね。

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^♪

体質改善 健康 妊活情報2017年7月6日

冷え性、低体温症について

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

 

梅雨時期はムシムシと暑いですよね。

 

でもそんな中でも冷え性で足先などの

末端が冷えている方、とても多いんです。

 

そして不妊症の方のほとんどが、
そもそもの体温が低い【低体温症】なんですね。

 

みなさんは、基礎体温てつけていますか?

 

基礎体温といっても、妊活で

タイミングを取るためのものではなく、

ご自身の体調管理の為基礎体温を知っておく
という意味です。

 

基礎体温は36.5℃以上が好ましい
と言われています。

この体温になると、細胞の代謝が活発になり

免疫力が高くなるからなんですね。

 

ようするに病気になりにくくなる
ということですね。
現代人は、体温が非常に低く
35℃台の方も少なくありません。
1℃体温が下がると、代謝は13%下がります。

 

そして、免疫力は
なんと30%以上低下するそうです。
風邪など引きやすい方は
低体温の可能性が高いですよ!
そして特に怖いのが
【癌】
です。

 

癌細胞は、35℃台で活発に活動しはじめます。

ちなみに癌は砂糖が大好物です。

 

人間の身体には、
必ず癌細胞は作られていますが、
(1日約5000個( ゚Д゚))
NK細胞という免疫細胞が、
癌細胞をやっつけてくれているんです。

 

でも体温が低くなると、癌細胞の力が強くなり、
本当の癌になってしまうのです。

 

最近は低年齢での低体温症が増えてきていて、
生活習慣病の子供が増加しているというのが、

大きな問題にもなっています。

 

もちろん、不妊症やアトピーなども
免疫が下がれば起こりやすくなるのは
なんとなくイメージできますよね?

 

身体の熱は、実は【血液】が
運んでいます。
要するに、
【血流】
ということですよね。

 

体温を上げるためには、血流の改善は必須です。

 

そして、その血液を奇麗するのが
【水】であり【解毒力】なんです。

 

私がいつも言ってることが、
すべて繋がっていいますよね。
まずは健康バロメーターとして、
毎日でなくていいので
小まめに体温を測ってみてください。

 

コツは、連続で2回はかること
1回では正確にはかれないことが
多いんです。
次回はこの低体温、
どうやって上げていくかについて
お話ししていきましょう(^^)

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^♪

体質改善 健康 妊活情報 美容について2017年6月27日

解毒について その3

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

 

最近ふと感じましたが、いろんなスーパー等で

オーガニック商品が目立つようになってきましたね!

 

消費者がそれを選ぶようになってきたんでしょうね(^^)

とてもいい流れだと思います。

身体は、そして卵子も含め細胞は

みなさんが食べたもので作られていますからね。

 

できるだけ自然なものを選びましょう。

 

さて、解毒について3回目になります。

 

前回は【ファスティング】について

お話しました。

 

ファスティングをすでに
経験されている方も多いと思います。

 

内臓が消化に使う仕事量を
【排泄】に使い
そして、内臓機能を回復し
体質改善に導く。

 

結果、朝のスッキリ感や
倦怠感の回復も体感できます。

 

また、個人差はありますが
ひどかった生理痛や
生理不順など改善されたケースや、
頭痛や冷え性が改善したという方も
少なくありません。

 

当院のクライアントさんでも、
妊活施術を受けながら
【ファスティング】を実行し
妊娠された方もいらっしゃいます(^^)

 

正直、ファスティングを取り入れた
ケースの方が結果がいいのです。

 

時間との勝負なのに
やらない理由はないですよね?
私も、風邪をひいた時に
そのまま2日間のファスティングを入れ
すぐに治りました。

2日目夜にはもう全開でした。

 

もちろん薬は飲みませんし
(薬は風邪を治しません!)
酵素ドリンクと水をしっかり摂りました。

 

今ではこのように、
体調不良時やそれ以外にも定期的に

ファスティングを取り入れています。
風邪などでダウンしている時こそ
しっかりと栄養を取るべきでは!?

 

と思われがちですが、
何度も言うように
体調を崩しているということは
内臓もかなり疲弊しているということです。

 

よほどでない限り
私たちの身体はエネルギーをしっかり貯め込んでいるので、
弱ってるからといって無理に食べると逆効果です。

 

ベクトルが【治す】方向から
【消化】に向いてしまうからです。

 

ただし、すべてではありませんよ!

 

普段から栄養状態が悪い場合や、
症状が長引いている状態からだと、
適さないケースもありますから。

 

お身体の状態をみて
実行してみてください。
そして
ファスティングにより
細胞がきれいになると、
今度は取り込む力が強くなります。

 

そこでしっかりと必要な栄養素を
適量摂り込んでくださいね。

 

もちろん、せっかく毒素を
出したので悪いものは取り込まない。
完璧でなくていいので、
できるだけ天然無添加に
こだわってくださいね。
もちろん口酸っぱく言いますが、
【水】
を1日約2ℓ程度は飲むようにしてくださいね!
ファスティングでお話ししている
【酵素ドリンク】

 

当院でご紹介しているドリンクは
九州地方で作られた原料で
すべて国産、無農薬で栽培された
ものを、完全無添加で発酵させた
特許取得の良質な酵素ドリンクです。

是非使いたい!
と思われましたら、いつでもご連絡ください。

 

ただ、ご自身で
この酵素ドリンクが良い!
と思った物を使われればいいと思います。

 

ただし、最低限
無添加にはこだわってくださいね!

 

【ファスティング】についてもっと詳しく知りたい
という方は、是非お問い合わせくださいね!

 

解毒については今回で終了になります。

 

では本日も良い1日をお過ごしください(^^)

ファスティング 体調不良 体質改善 健康 妊活情報 美容について2017年6月16日

解毒について その2

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^)

 

近畿地方も梅雨入りししましたが、

天気がいいですね(^^♪

 

梅雨の豆知識ですが、

梅雨入りって、おおよその仮予報だそうです。

 

実際は梅雨が終わり、9月ごろにやっと

この時期からこの時期までが梅雨だったという

確定をするそうです。

 

まったく役に立たない豆知識でしたね(^-^;

 

本題に入りましょう(^^)

前回の続きで、解毒についてお話していきますね。

 

効率よく解毒する方法として

【ファスティング】
が有効というところまでお話しました。

 

ではこの【ファスティング】
どういったことかというと、

手っ取り早く言うと
【断食】
です。

食べない!
抜く!

 

内臓に取り込む仕事を
一旦休止してもらい、
【排泄】に集中してもらう。

 

そして内臓自身を休め、
回復させる。

 

これにより
【解毒】
【機能回復】
【体質改善】
に繋がっていきます。

 

では具体的にどうするのか。

 

一般的には、
最初の2日程度を準備食に、

 

中の3日をかけ
酵素ドリンクを摂りながら断食。

 

そして、最後の2日を回復食に。

 

という流れで、
約1週間かけファスティングをします。

 

この間だけで、
3~5キロ減量することができます。

 

ファスティングは、ダイエットにも
効果的ですよね(^^♪

 

ただし、集中して断食を入れる為、
人によっては【リバウンド】を
起こしてしまいます。

 

そう、反動ですよね。

 

短期集中型になると、
どうしても反動が起きて
その解放感から
食べ過ぎてしまうことがあります。

 

そういった方
何人か見てきました(^-^;

 

せっかく頑張ったのに
もったいないですよね。

 

そこで、初心者の方へお勧めしているのは、
2週間という期間を使い
無理なくファスティングを行います。

 

もちろんその間、酵素ドリンクを
しっかりと摂りますよ。

 

この2週間、
基本は朝食を酵素ドリンク
昼夜食は食材に制限はありますが、
基本的に通常食が食べられます。

 

1週目の終わりに
半日ファスティングを2日間。

 

最終週の終わりは、1回だけ
1日ファスティング、
そして最後日に回復食を入れて
終了になります。

 

期間は長くなりますが、一気に3日断食するより
負担も少なく
できそうな感じしませんか?(^^)

 

私もしましたが、
リバウンドもなく、
元々便通はいいのですが、
最終、驚くほど出ましたよ!(^^)!

 

今ご紹介しました方法は、
あくまで初心者向けです。

 

解毒力を考えると、
3日間の断食を入れた方がいいと
私は思っています。

 

ファスティングの方法は
たくさんあります。

 

私の勧める方法だけではなく、
自分に合ったやり方を
探してみるのもいいと思いますよ!

 

次回も少し、
この続きをお話ししますね!

 

では本日も良い1日をお過ごしください(^^)

ファスティング 体質改善 健康 妊活情報 美容について2017年6月13日

解毒について

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^)

 

最近、朝晩が冷え込みまずが、

体調など崩されていませんか?

就寝時、腹巻をすることをおすすめしますよ!

 

さて、今日は解毒のお話です。

 

【解毒】や【デトックス】については

以前【水の重要性】や【血流の改善】で、
その必要性についてお話ししました。

 

今日は解毒について、もう少し詳しく
お話ししようと思います。

 

水をしっかり摂ることにより、
毒素を吸着して、腎臓を通して
尿として排出する。

 

そこには、血液、リンパ液が
関連していて、
血流を改善する重要性についても
お話ししました。

 

ちゃんと実行できていますか?

これからお話しする内容は、
しっかりと水を摂ることや

運動を取り入れて血流の改善など

基本的なことを並行して行なわなければ
あまり効果がありません。
人は生きているだけで
必ず毒素を取り込んでしまいます。

 

呼吸をするだけでも、
大気汚染による有害物質を
取り込んだりしますからね。

 

食べ物、飲み物からも
残留農薬や添加物
それらを減らしていくことも
もちろん大前提ですよ。

 

【妊活は時間との勝負】
になるので、
身体にたまった酸化物質、老廃物
できるだけ早く出したいですよね。

 

多くの人は
身体に良いこととなると、
基本的に【摂り込む】ことを重視
してしまいがちです。

 

でもよく考えてみてください。

 

老廃物などにより、
腸内環境が悪くなると、
いくら高価で良質な食べ物や
サプリを摂り込んでも、
きちんと吸収できませんよね?

 

そう考えるとお分かりのように、
まずは【解毒】【排出】なんです。
そして、極力毒素を摂り込まない。

 

解毒がしっかりできれば
腸内環境も整ってきますので、
良質な物を、必要な分だけ
しっかりと摂っていく。

 

この順序がとても大切なんです。

 

水を毎日2ℓ以上摂ったり
運動をして血流改善をしたり
体質改善はすぐに結果はでません。

 

変化するのに
最低でも3か月はかかりますよ。

 

そこでもっと効率よく
【解毒】を促してくれる方法があります。

 

それは、
【ファスティング】です。

 

ファスティングとは、
酵素を取りながら、
【断食】を行う事です。

 

ファスティングについては以前にも投稿しましたが、

もう一度説明していきましょう。

 

では、どうしてファスティングが
解毒に有効なのでしょう。
続きは次回の投稿で。

 

今日は雨模様ですが、

笑顔で1日を過ごしましょう(^^♪

 

では本日も良い1日をお過ごしください(^^)

ファスティング 体質改善 健康 妊活情報2017年6月7日

原因不明不妊について

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^)

 

心地よい日が続いていますね。

昨日も良い天気でしたが、どこか出かけられましたか?

 

私は、京都の鴨川探索に行き、

露出していた腕が真っ赤に焼けてしまいました^^;

 

年齢を考えて日焼け対策しないといけないですね^^

 

さて今日は、原因不明不妊について

お話しますね。

 

【原因不明不妊】

そう診断された方は
決して少なくはないと思います。
そんなネーミング付けられたら、
どうすればいいか路頭に迷いますよね。

=============
【原因不明】=【難病】!?
=============

と捉えてしまいがちです。

 

でもそれって、
医療側での便宜上のネーミング
なので、真に受けなくていいと思うんです。

【現象には必ず原因がある】

って言葉がありますからね。

 

だから、
よーするに、
言いにくいんですが、

医者がわからないって言ってる
ってことなんです。

 

言葉そのまんまですけどね(^-^;

 

ただ、だからといって
その原因ばかりを深追いして
追求するのは非常に危険です。

 

つまり、不妊の原因を追究するあまり
目的である【妊娠】から
遠のいてしまうということ。

 

物事を複雑にしすぎるために、
トンネルに迷い込む

 

もちろん原因を知るために、
必要な検査は受けるべきです。
必要な手技も受けるべきです。

 

でも、本質を無視すると
【原因不明不妊】
という診断を下されてしますのです。
生命の本質から見直さないと
いつまでたっても、
本当の意味での【原因】
を知ることはできません。

 

細胞レベルで考えたとき、

 

あなたが食べるもの
あなたが飲むもの
あなたが受けるストレス
あなたが受ける電磁波
あなたが・・・

 

すべてが影響していると思いませんか?

 

身体のすべての細胞は連なって、
共鳴しあっています。

 

子宮の細胞も
卵子という一つの細胞も

 

いまいちピンとこない方は
是非
妊活基礎講座にご参加下さい。
明日を変えるのは、
あなたの【行動】です。

 

決して

【原因不明不妊】≠【難病】

ではないという意味を
知ることができるはずですよ。

 

だって、【不妊症は病気ではありません】から

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^)

 

PS 直近の妊活講座については、過去のブログ

もしくはこちらをご覧ください。

【妊活基礎講座】6/15(木)13:30~

https://www.reservestock.jp/events/189729

【妊活実践講座】6/17(土)16:00~

https://www.reservestock.jp/events/189734

体質改善 妊活情報2017年5月29日

【血流改善】の必要性 その3

【血流改善】3回目になりますが、

今日でまとめになります。

 

なかなか運動できないって方

いらっしゃると思いますが、

自宅でできる、簡単な方法を

お伝えしますね。

 

簡単なのが、つま先立ち運動です。

壁に手をついて
背伸びを何度も繰り返しするだけです。
20回3セット
など、まずは
できる回数でやっていきましょう。
慣れてきたら回数を増やしてくださいね

 

テレビをみながらでもできますので、

これもできません。
って言い訳はできませんよね(^-^;

 

これすらできなければ
妊活なんてできませんから

 

もう一つは
四股運動。

 

これもテレビをみながらや

歯磨きをしている時間などを使って

行ってください。
足を肩幅以上に広げ
腰をおとします
ひざが90度くらい曲がっていれば
なお良いでしょう(^^)
これは結構きついので
徐々に時間を延ばしていきましょう。

 

この2つはとても簡単で
時間をとりません。

 

さっそく今日から始めてみてくださいね。
ただ、できれば
全身を使って、軽く汗をかくような

運動を始めるように心がけてくださいね。

 

下半身の筋力が上がると、

代謝も上がり体温も上がります。

血流も良くなりますので、

地道に続けてくださいね。

 

血流のイメージは、

ゴミの浮いたドロドロしたドブ川ではなく、

奇麗な清流のような、

流れの良い血流です(^^)

 

もちろん、水飲みを忘れずに!

 

あなたの小さな行動が、
あなたの未来を大きく変えるのです。

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^)

体調不良 体質改善 健康 妊活情報 慢性症状2017年5月17日

【血流改善】の必要性 その2

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^)

 

今日も【血流改善】の必要性について

お話していきますね。

 

運動って、面倒ですよね?
でも、運動始めて見ると
体質の変化がすごくわかりやすいです。

 

正直始めるまでは嫌々ですが
やりだしてしまえば少しずつ慣れていくもんです。

 

日常でよくやること
ご飯をたべたり、寝たり、テレビをみたり
その中に運動したり
っていうのを組み込んでいきましょう。

とはいうものの、

そんな簡単やないやろ!って声が

聞こえてきそうですね^^;

 

でも最初の第一歩ってなんでも辛いんですよ。

 

こればっかりは頑張るしかありません。

 

運動したては身体が筋肉痛になったり
ちょっと疲れてしまうかもしれませんが、
ある程度の壁を越えたときに、
とてもすっきりするようになりますよ。

 

血流改善や新陳代謝の機能をあげる。

これ妊活や体質改善をする上で
必須条件です。

 

では何をすればいいんでしょうか?

 

単純にウォーキングや
ジョギングでかまいません。

 

ジムに通えるなら
簡単な筋トレもいれてもらえれば
尚良いですよ。

 

特にどの筋肉を
運動させるのか。

 

特に大事なのは下半身です。

 

ふくらはぎは第2の心臓といわれるほど
血流には欠かせないということは

前回もお話いたしました。

 

時間が無いのであれば、
仕事に行くとき
帰るとき
一つ前の駅で降りて
歩いたりと工夫してくださいね。

 

ポイントは、

 

ただダラダラ歩いても
効果はありませんので、

運動するぞ!

 

と身体に伝えて
姿勢を正してから
歩いてくださいね。

 

意識で身体は変わります。
司令塔の脳がそれを意識することで
身体全体にその情報が流れ
細胞が反応するんです。

 

姿勢が悪いと、
運動の効力が低くなります。
猫背になっていませんか?

 

そうはいっても
通勤場所が近すぎたり
時間の問題も出てくると思います。

 

なかなかウォーキング
できませんて方は
自宅で運動してください。

 

続きはまたまた次回に。

 

では本日も良い週末をお過ごしください(^^)

体調不良 体質改善 健康 妊活情報 慢性症状2017年5月12日

【血流改善】の必要性

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^)

 

ゴールデンウィーク、

あっという間に終わりましたね。

 

私は3連休いただきましたが、長い方は

9連休の方もいらしたと思います。

 

長すぎると切り替えが大変ですが、

また次の楽しみを目標に

1日、1日過ごしてきましょう(^^)

 

さて、今日は【血流改善】のお話をしていきましょう。

 

以前、【水の重要性】を4回にわたって

お話いたしました。

 

【水】飲みを意識したら
次は【血流改善】です。

水についてまだ見ていない方は、

先にそちらをチェックしてくださいね!
水を飲むことでも
もちろん血流の改善になります。

でも、実際のところ
それだけでは足りないんですよ。

血流は基本的に
心臓のポンプ作用により、
動脈を介して
身体全体を巡ります。

この動脈血、各細胞に
酸素や栄養を送り込んでくれるんです。

もちろん、
子宮や卵巣、
そして卵子そのものへ
送られます。

 

そして今度は、二酸化炭素や
老廃物などを含み
静脈血として、
心臓に戻る、

これを絶えず繰り返しています。

もちろん、その間に腎臓や
他の臓器で解毒作用が行われますよ。

心臓に戻る際の静脈に関しては
心臓のポンプ作用がほぼ使われない為、
自分の筋肉によるポンプ作用により
押し戻されるんです。

足などの末端の血液を重力に逆らって
戻す力が必要になるので、
やはり筋肉の作用がとても重要になります。

これはリンパの流れも同じです。

特にふくらはぎの筋肉
下腿三頭筋(かたいさんとうきん)
は、第2の心臓といわれるほど
重要な働きをします。

妊活中の方はやはりこの作用が弱い方、
非常に多いんです。

 

妊活以前に女性の方は多いかもしれませんね。

その為、冷えやむくみを発症し
老廃物をうまく排出できていません。

そうなると、
いい細胞(卵子)を作ろうと
良いものを食べたり飲んだりしても
その栄養素は十分に細胞に
行き届かないのです。

 

ちょっと表現が極端かもしれませんが、

わかりやすくお伝えしていますので。

 

妊活の基本は
良い卵子を作ること。

良い卵子を作るには、

血液を奇麗にしたり、

体温を上げたり、

血流を上げることに繋がってくるんです。

 

血流リンパの改善には、やっぱり

運動が重要になってくるんですね。

では運動はどうすればいいのか?
忙しい合間を縫って
いかに効率よく簡単に
それらを行えるか。

続きは次回にお話いたしますね。

 

では本日も良い1日をお過ごしください(^^)

体調不良 体質改善 健康 妊活情報 慢性症状2017年5月9日

topへもどる