大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

腸内環境は食べ物だけが影響する?その2

【腸内環境は食べ物だけが影響する?】その2

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

前回は、腸内環境の良し悪しのお話し。

便の見た目や質でどんな状態か

基本的なお話をさせていただきました。

さて、腸内環境を良くする方法として

一体何を食べればいいのか、

例えば白アリって何食べますか?

木ですよね?

いきなりグロテスクですいません(^^;

では牛は?

草ですよね(^^)

それぞれ、自分の身体に合った

食べ物を食しているわけです。

牛は草を食べてこんなに筋肉隆々な

身体を作っていますよね。

人間の都合で牛の脂肪分を増やすために、

穀物を与えた場合

どうなると思いますか?

当然、寿命が短くなります。

これは牛の腸内細菌が

好まないからだと思います。

さらにその餌が遺伝子組み換えや

農薬まみれの穀物であれば、

その肉を食べるのは誰でしょう?

このあたりはご自身で深堀して

調べてみてください。

要するに

私たちの身体は、食べた物によって

左右されるんです。

すなわち、腸内細菌が何を好むのか?

と考えたらそんなに難しい話ではありません。

日本人が昔から食べていたもの

発酵食ですよね。

お味噌や、醤油、ぬか漬けや甘酒など

ここ大事なんですが、これらは

欧米人には合わないかもしれません。

欧米人には欧米人の

腸内細菌に合った食べ物があるんです。

日本が欧米食ばかり食べて

いいのかどうか考えましょう。

先日、味噌作りにチャレンジしました(^^)

自然栽培大豆に自然栽培玄米麹、天然塩と

こだわりの味噌です(^^♪

全部で6㎏!(^^)!

味噌作り、

めちゃめちゃ楽しい(^^♪

今度企画したいですね!

話は少しそれましたが、

当然、発酵食だけ

食べればいいという事ではないんですよ。

これがいいですよ!と言ったら

そればかりに群がってしまうんですが

そうではなく(^^;

当然お肉を食べてもいいんです。

(産地や育成方法は大事です。)

玄米でなくて白米を食べていいんですよ。

(玄米も農薬を使っていると危険です。)

結局はバランスなんです。

時に揚げ物やパスタや、

なんでも食べていいんです。

その割合が多すぎるから

腸内環境が乱れてしまうんですね。

当然加工食品や添加物もりもりの食事を

毎日摂ると、腸内細菌は大ダメージを受けます。

あとは食べ過ぎです(^^;

現代病は食べ過ぎが作っていますよね。

せめて1日に1杯のお味噌汁、

ご自身で作るぬか漬け

これもぬか床を買って作ればいいんです。

難しくないですよ!

完璧でなくてもいいので試してみてください。

スーパーのぬか漬けは

表記を見れば薬漬け

それでいて高いです。

作ればほんとに安いです(^^)

そんな発酵食を少しずつ増やしてみましょう。

菌は少しずつ、継続的に

エサを与えることで成長しますから。

一気に変わることなく、地味に変化を

していきますから、

ゆっくりとした変化を焦らず

楽しんでみてください(^o^)

好きな物ももちろん

少し頻度を減らして食べてみてください。

私は何でも食べるんですが、

(産地や原材料は気にします(^^))

こういった発酵食が好きなので

よく食べています。

そして食べ過ぎたら内臓を休める為に

断食を入れることもあります。

やりっぱなしだから乱れるんです。

悪玉菌優位かな?と思った方。

今すぐ始めましょう\(^o^)/

何度もいますが、程よくですよ!

6割〜7割くらいでいいので

変えてみてください。

続けることに意味がありますから(^^)

次回は本題。

腸内環境は食べ物だけが影響するのか?

をお伝えしていきますね!

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^♪

ファスティング 体質改善 健康 妊活情報 慢性症状 解毒2019年3月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる