大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

腸内環境は食べ物だけが影響する?その1

【腸内環境は食べ物だけが影響する?】その1

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

3月に入りましたが、先週は逆に寒くなりましたね(^^;

そして花粉がすごく飛んでいます。

実は私はキャリア35年以上の花粉症です(^^;

でも、ここ数年は食べ物に気を付けたり

体質改善をすることでかなり軽減しました。

つらい日もありますが、

毎日薬を服用していたことを思うと

かなり改善しているなと、

身をもって感じています。

花粉症だけでなく、

あらゆる症状に関連している

【腸内環境】

みなさんはどんな状態ですか?

常に便秘や下痢をしている状態であれば

かなりダメージがあるでしょうね。

毎日出ていても、やっぱり内容も大事です。

コロコロのウサギの糞のような便であれば

毎日出ていても、腸内環境がいいとは

いえませんよね。

うんちを持っています。

もちろん偽物です(笑)

うんちの中身

実は80%くらいが水分です。

水分不足な方は当然便秘になりますよね。

そして約10%は食物繊維、

残りの約10%は食べかすや

はがれた超粘膜などの老廃物

そして腸内細菌の死骸です。

意外にも食べかすって少ないんですよ。

人の腸内には約3万種、100~1000兆個の腸内細菌が

棲んでいると言われています。

すごい幅がありますよね(^-^;

正確にはわからないってことです。

重量は、1.5~2㎏程度。

結構ありますよね!

で、腸内細菌のバランスが大事なんですが

善玉菌 2 : 日和見菌 7 : 悪玉菌 1

の割合であれば、良いとされています。

ただ、善玉菌にも怠け者がいたりするので

この割合であれば絶対というわけではありません。

あと、悪玉菌が無くなればいいというわけではなく、

それぞれの役割があり、バランスが大事なんです。

でも、当然割合なんてわからないので

便の状態を見るのですが、

黄色くて臭いも少ない(発酵)

そんな便であれば基本的には善玉菌が優位。

逆に黒っぽく、臭いがきつい(腐敗)

便器にこびりつく(´゚д゚`)

毎回そんな便であれば悪玉菌優位なので要注意です。

ほとんどを占める日和見菌(ひよりみきん)は

優位な方の働きを助けると言われています。

ちなみに私はほぼ前者です。

見せることができないので、証拠は出せませんが(笑)

この内容は、【妊活実践講座】

でも詳しくお伝えしています。

さて、あなたはどちらですか?

まだまだ解明されていない部分もあるんですが、

今日は基礎のお話をいたしました。

腸内細菌にとってとても大事な食事

どんなものを食べればいいのか、

次回お話していきますね!

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^♪

体調不良 体質改善 健康 妊活情報 慢性症状 花粉症2019年3月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる