大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

体外受精は自然周期派?高刺激派?

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^♪

 

すっかり涼しくなり

秋めいてきましたね!

 

日中と朝晩の気温差で

体調崩していませんか?

 

少し冷えるなと思ったら、

まずは白湯を飲んで下さいね!

 

さて、今日のタイトルにあります、

【体外受精】を受ける方法について

 

体外受精を受ける方法は

大きく3つに分けることができます。

 

一つはその名の通り

自然の排卵周期で採卵(卵を取り出す)する方法。

 

もう一つは高刺激で注射や薬を併用し

ホルモン補充でたくさん卵を作っていくのか、

 

 

あとは低刺激

(服用薬で比較的少ない量でホルモンを補充)

があります。

 

迷う所ですよね。

 

でも、現在病院ではほとんどが高刺激で

採卵が行われています。

 

自然周期は本当に少ない(~_~;)

 

で、私の考え方は

やっぱり自然の方が身体や

卵子への負担が少ない分

自然周期をお勧めしているんです。

 

自然周期の場合、通常の排卵に合わせて

採卵をするため、卵子は1つ

採れても2つ程度と数は少なくなります。

 

排卵は基本1周期に1つの卵ですから、

そうなりますよね。

 

なので、体外受精をして

受精卵が分割成長しなければ

移植(子宮に受精卵を戻す)ができない

というデメリットもあるんです。

 

対して、高刺激はどうでしょう。

 

卵を作る為のメッセンジャーである

ホルモンをたくさん投与するため

卵子がたくさん育ちます。

 

採卵をすると多い方で30個とか

それ以上の方もいらっしゃいました(^-^;

 

で、みなさんたくさん採れたと

喜ばれるんですが、

 

落とし穴があるんです。

 

例えば10個卵が採れたとして、

受精、分割成長する卵が多ければ

まだいいのですが、

 

10個中受精したのが7個

そこから分割成長したのが2つや

1つだけというケースも少なくありません。

 

高刺激ではそれだけ卵への負担が大きいということ。

 

最終的に移植できるのが1つや2つであれば

身体や卵に負担の無い、自然周期の方が

質のいい卵の確率が高いわけです。

 

なので私は基本自然周期を勧めているんですね。

 

ただ、高刺激を全て否定している

わけではありません。

 

それを見極めて自分に合った方法を

選ぶことがとても重要になってくるんです。

 

長くなりましたので、

続きは次回に、

 

では本日も良い1日をお過ごしください(^^♪

体質改善 妊活情報2018年10月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる