大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

関節を鳴らす危険性

こんにちは。スタッフの内田です。

 

みなさんは首や腰、手の指などの関節を鳴らしてしまっていませんか??

鳴らさないと気持ち悪い感じがしたり、鳴らすのが癖になっている方もいるかもしれませんが、

実はそれは関節にとってすごく危険な事なんですよ(>_<)

 

人の関節というのは関節包(かんせつほう)という靭帯(じんたい)の袋に包まれており、

その中で二つの骨がわずかな隙間を保って接しています。

さらに関節包の中に滑液(かつえき)と言う液があり、

それにより関節が円滑に動くようになっているのですが、

間接包内の内圧の変化により気泡が発生し、その発生した気泡が関節を引っ張ったり、

曲げたりすることではじけた時にポキッという音が鳴るのです。

この気泡がはじけた時の衝撃で、

軟骨や骨などを微細に破壊するので

何回も鳴らしてしまう方は危険なのです(+o+)

 

特に首や腰を鳴らしてしまう方はヘルニアを発症する危険性が高まるので、

極力鳴らさない様にしましょう(>_<)

では、体調に気を付けて今日も頑張りましょう(^^)/

体調不良 健康 慢性症状2013年10月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる