大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

腱鞘炎について

皆さんこんにちは(^-^)

スタッフの細井です。

いかがお過ごしでしょうか?

今日は腱鞘炎についてです。

皆様名前は聞いたことがあると思いますが、なったことはないという人も

多いのではないでしょうか?

まず腱鞘というものが何かわかりにくいし難しいですよね?

関節を動かすのは筋肉ですが、筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものをといいます(アキレス腱の腱です。)この腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っていて、この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。
最も一般的なものは狭窄性腱鞘炎で、その代表的な病名が

ばね指(弾発指)— 手指の屈筋腱に起こる(すべての指に起こり得る)
デケルバン(ドケルバンともいう)氏病 — 手首の親指側に起こる

ばね指とデケルバン、この2つは理屈は”狭窄性”と同じですが発症する部位によって名前と症状が異なっているようです。これ以外にも手首の小指側、肘など腱鞘炎を起こす部分はあるけど特に名前はついてないようです。

もしこういった痛みでおこまり、悩んでいる方は一度ご来院くださいね!

症状は手首とか、指にでていても原因は他のところにあることも結構ありますので。

外傷症状2016年2月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる