大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

私の妻も不妊症でした その3

みなさんこんにちは。

院長の韓です(^^)

昨日は今年初めての【妊活基礎講座】

が開催され、沢山の方々に

妊活の真実について

お話させていただきました。

 

今日は

【私の妻も不妊症でした】

のまとめのお話になります。

 

期間としては約6年程度
私の妻は妊娠できませんでした。

 

でも、やっとの思いで妊娠することができました。

 

42才と6か月
私は35才10か月

 

おかしいなと思ってからの期間が長かったので
ずるずると時間が経過していきました。

 

ただ最終的に結果が良かったので
後悔はありません。

 

でも結果が悪かったらと思うと
きっと後悔していたと思います。

 

何が言いたいかというと、
後悔しないように早く動く
そして、動く過程でも
無駄なく効率的にやることをやる

 

ということが大切になります。

【基礎講座】では

その内容を詳しくお伝えしました。

 

でも、動きたくても動き出せない、
そんな状況もあると思います。

 

例えばよくある
仕事が忙しいとか

 

ご自身の心の声をもう一度聞いてみましょう。

 

仕事>子供

 

ですか?

 

それであればいいんですが、

 

仕事優先で、落ち着いたら旅行に行く
とういのとは違いますよね。

 

妊娠は時間との勝負です。
仕事はやめても、また見つかります。
ここは日本ですからね。
でも子供はあと半年後に、
と思っても就職より確率は低いんですよ。

 

なのでもう一度ご自身の
心の声をきいてください。

 

で、
仕事<子供

 

であれば、すぐに動いてくださいね。

 

そしてもう一つ、
旦那さんですよね。

 

僕もそうでしたが、
男はなんとかなるやろ
とか
時が来ればできる
みたいな

 

そんな感じなんです。
ほとんどが。

 

だからと言って
無関心ではないはずなんですよ。

 

ただその危機感がわからないんです。
結局おなかに宿して育ててくれるのは
女性の皆さんなんです。
男はその重みを知らないだけなんです。

 

なので、旦那さん教育は絶対に必要ですよ。

 

旦那さんが、いまいち乗り気ではない。
でも、子供が欲しいと言っている。
そんなケースはやっぱり旦那さんに
現状の厳しさを伝える必要があります。

 

このブログ、ぜひ見せてくださいね!

 

逆に、旦那さんが子供は欲しくない
という感じで乗り気でない場合は、
かなりしんどいですね。

 

でもあなたが本当に欲しいと願うなら、
一度真剣にご自身の意見を述べ、
話し合うべきでしょう。

 

誠心誠意伝えることができたなら、
よっぽどでない限り、わかってくれると
思いますよ。

 

だって夫婦ですからね。

 

いずれにせよ、
不妊の原因は男女比率5:5
と言われています。

 

なので、必ず旦那さんの精子検査も
必要なんですね。

 

むしろ、女性側より先にするべきです。

 

なぜなのか?

 

続きはまた後日お伝えします。

 

【私の妻も不妊症でした】

 

まとめとしては、
【即行動】
何をやめて、何をするべきか
しっかり見極めることです。
遠回りはしないように。

 

PS.

29日(日)は

【妊活実践講座】

を致します。

 

実践講座は、基礎講座受講者のみ

受けることができます。

 

過去に、基礎講座を受けられたことが

ある方は、この機会に是非ご参加くださいね。

 

詳細は過去のブログ、もしくは

http://www.reservestock.jp/events/162350

で詳しくご案内しております。

 

今日も凍てつく寒さです(>_<)

じっとしていてはもっと寒くなりますねで、

適度に身体を動かしましょう!

 

では、本日も良い1日をお過ごしください(^^)/

妊活情報2017年1月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる