大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

炭水化物抜きダイエットのコツ

みなさんこんにちは(^^♪

もうすぐ暑い夏がやってきて、薄着になり肌の露出が増えますね!

ダイエットを開始した方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は近年話題の炭水化物抜きダイエットのコツについてご紹介します。

そもそも炭水化物は糖質が多く含まれていて、脳や体を動かすエネルギーになっています。

つまり全く摂らなくなってしまったら、エネルギー源が減ってしまい、疲れやすくなったり、集中力が低下してしまうという悪影響が起こってしまうのです。
しかし、炭水化物を抜くダイエットはすぐに効果が現れることから、多くの人が我慢しながら実践しているのではないでしょうか?
そんな食べない我慢をしている方に、今回はダイエット中でも炭水化物を食べられる4つの裏ワザをご紹介します。

■冷ごはん
炊いたご飯を一度冷蔵庫に入れることで、ごはんに含まれるでんぷんが「難消化性でんぷん」に変化します。
この難消化性でんぷんは、食物繊維に似た働きを持っていて、糖質や脂質の吸収を抑えてくれる働きを持っています。

また消化しにくいことから腸内環境を整え、排出を助けてくれますよ。
また冷ごはんは温かいごはんと比べて少し固め。

よく噛んで食事をするため、脳の満腹神経を刺激し、早い時間で満足感を得ることができます。

ただし、温め直してしまうと、効果がなくなってしまうので、冷たいままで食べるようにしましょう。

■玄米
玄米や雑穀米は、白米より噛みごたえがあり、栄養も豊富ですよね。
代謝を促す「ビタミンB群」や血液サラサラ効果のある「ギャバ」、体を丈夫にする「鉄分」などが含まれています。

また玄米に含まれている「フィチン酸」は 体の中にある毒物と結合して体外に排出する働きがあり、その力は食物繊維より強いのだとか。

また噛みごたえもあることから腹持ちを長くすることができます よ。

■ココナッツオイルと一緒に炊く
ちょっと抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、ごはんを炊飯するときにココナッツオイルを入れてみましょう。
1 合に対して約4グラムほどのオイルを入れて炊飯スタート。

炊きあがったごはんを12時間冷蔵庫で冷やせば、摂取カロリーが半分になるココナッツオイルごは んの完成です。

ココナッツオイルと一緒に炊いたあとに冷やすことで、でんぷんが「難消化性でんぷん」に変化し、食べても糖質や脂質の吸収を抑えるようにな りますよ。ココナッツオイルごはんは冷ごはんの場合と違って、温め直しても大丈夫ですよ。

少し独特の甘い香りがしますが、味には影響はありません。
それでも抵抗がある場合はカレーやガパオなどのアジア系料理に使ってみてはいかがでしょうか?

ココナッツの香りが料理を一層美味しくしてくれますね。

■リゾットでかさ増し
ダイエット中だからといってごはんの量を減らすと、物足りなく感じることがありますよね。

かといってごはんの量を増やすと今度は罪悪感が生まれてしまいます。
そんな時はリゾットにして、ごはんのかさ増しをしましょう。

余ったごはんに牛乳、コンソメスープを加えると、クリーム系のリゾットの完成です。
便秘解消に効果のあるきのこを入れたり、牛乳を豆乳に変えるなどアレンジ方法はたくさんありますよ。

自分だけのダイエットリゾットを作ってみましょう。

いかがでしょうか?

今回はダイエット中でも炭水化物であるごはんを食べられる裏ワザをご紹介しました。

確かに炭水化物を抜くと、ダイエットに大きな効果が出ますが、同時に体調に問題が生まれてしまいます。

ダイエット中でも炭水化物を少しでも摂取することが大切ですよ。

「どうしても食べたい!」と感じたら、ぜひ4つの方法を参考にして食べてみてくださいね。

では、よい1日を(^-^)

健康2015年6月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる